試作 板金 短納期|クロダ精機株式会社

ワイヤー加工(ワイヤー放電加工)

ワイヤー加工は、Φ0.02mm~0.35mmの金属のワイヤーを使って金属を加工することですが、 Φ0.2mm~0.3mmの真鍮ワイヤー線を使用することが一般的です。
加工は電気の力(雷のような放電現象を起こしてそのとき発生する熱)で、金属を溶かして 切断します。
ワイヤー加工は加工物と接触しない非接触加工かつ溶融加工です。
ワイヤー作業 浸漬加工 ワイヤー加工
一般的な特徴は・・・
クロダ精機では・・・
6台全てΦ0.2mmの真鍮ワイヤー線を使用しています。(Φ0.1mmも対応可能です)
3台のワイヤーCAMと6台のワイヤー加工機があり、中には高速加工の出来る新鋭機を導入していますので お客様の短納期要求にもお応えすることが出来ます。

レーザー加工

レーザー光線を一点に集束し得られる高密度エネルギーを利用して、 金属などの加工物の切断、穴あけなどを行う加工法のことです。
CO2(炭酸ガス)レーザーが広く利用されています。
ガス溶断などと同じ熱加工の一種と考えてよいですが、材料のレーザー光の吸収率が重要となるため、 金や銀などレーザー光を反射しやすい材料の切断は難しい のが特徴です。
レーザー作業 微細レーザー加工 微細レーザー加工
一般的な特徴は・・・
クロダ精機では・・・
あまり厚物は得意ではありませんが、微細レーザー加工機を導入していますので 薄板0.1mm程度の加工や微細形状の加工が高精度(±0.02mm程度)で行えます。

マシニング加工

ドリルやエンドミルなどの刃物を回転させて被加工物を切削するフライス盤に、 NC(数値 制御)装置とATC(自動工具交換)装置が付いた機械をMC(マシニングセンタ)と呼びます。
海外ではミーリングマシンなどと呼ぶこともあります。
様々な回転工具を取替え ながら材料に穴をあけたり削り出したりをプログラムによる自動運転で加工することです。
マシニング作業 マシニング加工 加工前後イメージ
一般的な特徴は・・・
クロダ精機では・・・
クロダ精機の機械は高負荷の加工には適していませんが、 アルミ材の加工は得意としています。
細かい形状や厳しい寸法公差の物でも是非ご相談ください。 
仕上げ面の綺麗さにも力を入れています。

プレス加工

金型を使用して、プレス機で圧力を掛けることで抜いたり曲げたりする加工です。
量産の場合によく使われる加工方法です。
プレス作業 打ち抜きイメージ 絞りイメージ
一般的な特徴は・・・
クロダ精機では・・・
量産対応の金型ではなく、主に単型で順次加工する方式を取っています。
簡易的に作りますので金型作製時間が短く、安く出来ます。

曲げ加工

V型のダイの上にワークとなる板材を乗せてパンチで上からワークを押し、任意の角度に曲げる加工です。
曲げ加工は板金加工の工程において基本的な加工です。
ベンダー作業 ベンダー型 曲げイメージ
一般的な特徴は・・・
クロダ精機では・・・
ベンダーと呼ばれる精密小物部品用の小さなプレスブレーキで部品ひとつひとつ正確に手作業で行っています。
汎用型を多く所有している為、時間と費用を抑えることができます。
機械が小型で寸法精度が良いものを作れます。
製品に合わせた専用治具を使う為、どんな形でも対応できます。
薄板でも加工が可能です。(0.01mmから加工可能です)

エッチング加工

化学加工の一種で、主に金属の表面や形状を、 化学的あるいは電気化学的に溶解除去 し、金属表面を任意の形状に加工するものです。
腐食性のあるものであれば様々な素材の塑形・表面加工に応用可能です。
コーナー形状 断面形状 加工限界
一般的な特徴は・・・
クロダ精機では・・・
加工板厚~t:0.005~2.0(その他の板厚はご相談)
コーナー形状:外角に板厚40%の、内角に板厚80%のRがつきます。(図①参照)
寸法公差は板厚により変化し、一般的に板厚±10~15%が標準ですが、小ロットの時は厳しい要求のご相談に応じます。
断面形状はサイドエッジ現象が発生します。両面エッチングでは板厚10%以内、片面エッチングでは板厚20%以内となります。(図②参照)
加工限界~最小D寸法:板厚相当(MIN/0.05mm)、最小W寸法:板厚1/2相当(MIN/0.03mm)となります。(図③参照)
キャリア(つなぎ)が必要となります。位置や形状などをあらかじめ御指定お願いします。
メッキ付き材の加工も可能ですが、表面が荒れてしまいます。

細穴放電加工

加工用電極と材料間に発生する放電(雷のような放電現象を起こしてそのとき発生する熱)の作用により金属を溶かして穴を開けます。
コーナー形状
一般的な特徴は・・・
  • ワイヤー放電加工を行う際のスタート穴を開けるのに使われます。
  • 加工材料は導電性であれば難加工材であっても加工可能です。
クロダ精機では・・・
φ0.3~3mmの電極を使用していますが、加工材料や厚みによって仕上がり寸法、状態は異なります。